メディア

【ステーション】2013 October

ヨーガの呼吸法でリラックス、美肌への近道は、質のよい睡眠から。

美しい素肌は永遠の憧れ。そのために大切なのは睡眠です。
日々のストレスから解放され、心身ともにリラックスして、
質のよい睡眠を手に入れましょう。

ディーバ・ヨーガ療法 活動レポート井上敏榮 さん
元町のトアロードでヨーガスクエア・ディーバを主宰。健康促進に役立つヨーガ療法、企業でのストレスマネージメント研修を実践。今年で開講20周年を迎えた。
プログラム内容、時間などはHP参照。
http://www.deva.jp/

 疲れがなかなか取れず、お肌の状態も悪い・・・。
最近、そんな状態が続いていませんか? それは睡眠不足が原因かも知れません。睡眠時間はとっていても、リラックスできていない状態で、深い眠りが得られず疲れが蓄積されているのです。
 睡眠不足は自律神経の乱れによるもの。私たちは日中、交感神経が働き活発に活動できています。夜は、副交感神経へとスイッチが入れ替わって、ゆったりした気持ちで眠りに入ることができます。
 「自律神経が乱れると、このスイッチが上手に入れ替わらなくなるんですね」と井上さん。特に40代以降の女性は、更年期を迎え、女性ホルモンの減少、免疫力の低下、自律神経の乱れと、3つがトライアングルになっていて、このうちの一つが不調になるとほかの2つも引きずられて体調不良になりがちです。
 「そのうえ緊張することがあると、呼吸がいつの間にか浅くなっていることが多いのです。呼吸が浅いということは、肺全体を使っていないということ。肺全体を使って、深い呼吸法マスターすることが大切です」。深い呼吸をすることで、自律神経が正常に働いて、副交感神経へのスイッチもスムーズに切り替わります。副交感神経の働きが優位になると、血行がよくなるため冷え症も改善。質のよい睡眠が得られます。また疲れも取れやすく、美肌づくりに効果を発揮します。1日の終わり、呼吸法でリラックスして、質のよい睡眠を手に入れましょう。

セクショナル・ブリージング

肺のすみずみまでしっかり酸素をいきわたらせるトレーニング。
肺を下部、中部、上部と3つに分けて呼吸することで、ふだん使われていない肺の部分に新鮮な空気を送り込むようにします。



→メディア 掲載情報一覧へ戻る